Antique アンティーク ディナープレート  H,B,&Cie ショワジー・ル・ロワ BALZAC 

5,170円(税込)

購入数
H.B&Cie (ショワジー・ル・ロワ) ディナープレート (France)

1900年前後

Size: φ23.5cm

※表面絵柄のスレが少しあります。
※リムと裏面に若干の色付きと細かなチップがあります。

(写真の数が限られており、すべての傷、ヒビ、カケ、染みなど載せきれない場合がございます。)

※製造当時の製造技術では、若干のサイズの違い・色合いの違い・ペイントのズレ・材質のムラ・色落ち・ペイントのロスやペイントの飛び散りによる斑点、製造時の傷や凹凸などがある場合があります。
それもまたアンティーク・ヴィンテージ品の味わいや魅力としてご理解くださった上でご注文くださいますようお願いいたします。

※年代については可能な限りで調べたものになりますが、あくまで推定となりますのでご了承下さいませ。
ご不明な点などございましたら、注文前にお気軽にお問い合わせ下さい。

フランス ショワジー・ル・ロワのHB&Cieという名前の時代の古い陶器のプレート。
BALZACという名前のシリーズ。サキソニー柄のような絵柄でネイビーに近い濃いブルーの色味もとても素敵です。


 - C H O I S Y L E R O I / ショワジー ル ロワ -

1804年、パリから北に10km程離れた ショワジー ル ロワで開窯したファイアンスリー。

1863年、イポリット・ブーランジェが窯のディレクターとなったときに急成長を遂げ、1878年にはH.ブーランジェ社(H.Boulenger&Cie)の名をかざし、当代有数のファイアンスリーとなりました。

1920年には、クレイユ エ モントローと合併。HBCM (Hiperolyte Boulanger-Creil-Montereau) 社となり、作陶が続けられました。

ショワジー ル ロワの工場では1934年まで、HBCM社としては、合併先のモントローの工場で1955年まで作陶が続けられました。

特に19世紀の単独のショワジールロワとして作られた品には、産業革命と並行して窯が隆盛を極めたことを示すブルジョワジー的な堅実な装いのなかに、どこか前時代的な貴族趣味も見え隠れし、当代ならではの時の移ろいが強く感じられます。
フランスの中心、パリという地が、作陶品の雰囲気を特徴付けると同時に、それがアイデンティティーでもあったファイアンスリーです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。