Antique アンティーク オクトゴナルプレート CLAIREFONTAINE / クレールフォンテーヌ INDIANA 21.5cm

8,470円(税込)

購入数
CLAIRE FONTAINE / クレールフォンテーヌ アンティーク オクトゴナル INDIANA (France)

1885年頃

Size: φ21.5cm

※裏面に数箇所、傷があります。
※カトラリー痕は少しありますが、ヒビ、カケなどはなく、全体的に美品だと思います。

(写真の数が限られており、載せきれない場合がございます。)

※製造当時の製造技術では、若干のサイズの違い・色合いの違い・ペイントのズレ・材質のムラ・色落ち・ペイントのロスやペイントの飛び散りによる斑点、製造時の傷や凹凸などがある場合があります。
それもまたアンティーク・ヴィンテージ品の味わいや魅力としてご理解くださった上でご注文くださいますようお願いいたします。

※年代については可能な限りで調べたものになりますが、あくまで推定となりますのでご了承下さいませ。
ご不明な点などございましたら、注文前にお気軽にお問い合わせ下さい。


フランス クレールフォンテーヌのINDIANAというシリーズの古い陶器のオクトゴナルプレート。
バックスタンプから1885年にジュール・サネジュアン(JS)が引き継いだ頃のものと推測します。
1878年のパリ万博ではこちらのINDIANAシリーズが賞を受賞しています。
見込みからリムにかけてシダ植物のような大胆な絵柄が描かれています。





 - C L A I R E F O N T A I N E / ク レ ー ル フ ォ ン テ ー ヌ -


クレールフォンテーヌ窯は1803年、JFエスティエンヌが元々修道院だった跡地に設立しました。

1833年にはジャン・バティスト・リガルが継ぎ、プリントされたポーセレン・オパック(不透明な磁器)の技術を開発。
1843年にはその息子エミール・リガルが継ぎ、1875年にセーヴル窯のデコレーターが加わり、凹凸のある器バルボティーヌや陰影のあるエナメルの技術も開発され、クレールフォンテーヌ窯は飛躍的に成長します。

1878年にはオクトゴナル型のインディアナのコレクションがパリ万博で賞を受賞。

1876年と79年の間には著名なアーティスト、シャルル・ガレ、エミール・ガレに素材を提供したりもしていました。

1885年にリガルがクレールフォンテーヌ窯を離れたため、ジュール・サネジュアン(JS)が子孫のレオン・グラーヴと共同で後を継ぎます。

1890年にはグラーヴ(LG)がひとりで経営に乗り出し、現代的、機械的な制作法に変わっていきました。

1913年グラーヴが亡くなると、戦争や恐慌の影響もあり1932年にその歴史を終えました。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。