Antique アンティーク スーププレート ST.AMAND サンタマン  ARGENTON

5,940円(税込)

購入数
ST AMAND サンタマン スーププレート ARGENTON (France)

1930年頃

Size: φ22.2cm

※絵柄に少しスレがあります。
※リムの縁に小さなチップがあります。
※リム裏面に小さなチップがいくつかあります。
※全体的には白みが強い色合いです。

(写真の数が限られており、載せきれない場合がございます。)

※製造当時の製造技術では、若干のサイズの違い・色合いの違い・ペイントのズレ・材質のムラ・色落ち・ペイントのロスやペイントの飛び散りによる斑点、製造時の傷や凹凸などがある場合があります。
それもまたアンティーク・ヴィンテージ品の味わいや魅力としてご理解くださった上でご注文くださいますようお願いいたします。

※年代については可能な限りで調べたものになりますが、あくまで推定となりますのでご了承下さいませ。
ご不明な点などございましたら、注文前にお気軽にお問い合わせ下さい。


フランス サンタマンのARGENTONというシリーズの古い陶器のスーププレート。
リムをぐるりと華やかな絵柄がプリントされており、料理を持った際にも華やかな印象です。


S A I N T A M A N D  / サ ン タ マ ン 

フランス北部,ベルギーの近くに位置する町、Saint-Amand-les-Eaux(サンタマン・レゾー)に1705年創業したファイアンスリー。

陶器工場として恵まれた場所で、レゾーとは「水」の意味。自然に囲まれた美しい町で、材料や製品を輸送する為の運河があり、窯用の木材が取れる森がありました。 

その後、移転や売却を経て、18世紀後半には当時流行した中国の陶器に影響を受け、シノワズリと呼ばれる中国にインスパイアされた装飾的な製品を製造しました。

1794年にはフランス革命により工場は閉鎖され、生産は一旦終了し、その後1810年に再開。
サンタマンのDu Moulin des Loupsに新しい大きな工場を設立。
1896年にはWandignies-Hamage に第二の工場が設立され、”Saint Amand et Hamage Nord”マークが登録されました。
その後、会社は拡大し、5つの工場を持つようになります。

1923年に名前をサンタマン・オルシ・アマージュ(St Amand-Orchies-Hamage)と変更し、その後も1928年、ムーラン・デ・ルー&アマージュ(Moulin des Loups-Hamage)、1944年にはムーラン・デ・ルー(Moulin des Loups)と変わり、そして1962年には最後の工場が閉鎖され、その歴史に幕を閉じました。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。