Antique アンティーク ラヴィエ  LUNÉVILLE / リュネヴィル

5,900円(税込)

購入数
LUNÉVILLE / リュネヴィル ラヴィエ (France)

1900年前後

Size: φ24.5×15cm

※全体的にヒビやカケはほぼなく、美品だと思います。
細かな傷や色付きはあります。

(写真の数が限られており、載せきれない場合がございます。)

フランス リュネヴィルの古い陶器のラヴィエ。
ラヴィエとは、食事の前に頂く前菜を盛り付けるお皿の事です。


ー L U N É V I L L E / リ ュ ネ ヴ ィ ル ー

1728年ロレーヌ地方のリュネヴィルに設立、磁器や陶器の生産をはじめました。1758年サン=クレマン(Saint-Clément)に第2の工場を設立。

設立当初は上流階級向けの高級な食器を生産していました。
戦争の資金調達の為、シルバー製の食器が王によって禁止されていた18世紀、1749年にはロレーヌ公の領主ご用達になり、陶器の食器や装飾品を製造しました。
マリーアントワネットにも保護され、ヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つ小トリアノンの庭には1500もの作品が飾られました。

1892年、ドイツ出身のケラー(Keller)ファミリーと、友人ゲラン(Guerin)ファミリーが経営を引き継ぎ、バックスタンプはLunéville K&G(Lunéville Keller & Guerin)となります。
陶器の製造を工業化し、貴族の為の陶器から、中流階級の生活にも浸透していきました。

1922年にバドンヴィレ(Badonviller)が工場を買収し合併、
その後1979年にサルグミンヌ(Sarreguemines)と合併、バックスタンプはLuneville-St Clementとなります。
1981年にリュネヴィル窯は生産を停止し、サン・クレマンの工場は1999年まで稼働していました。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。